2019年10月15日

2019年10月14日のあまちゃんつぶやき


posted by おいしいものよん at 00:01| Comment(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

現役で首都大学東京の法学系と学習院大学の法学

現役で首都大学東京の法学系と学習院大学の法学科に受かったのですが、迷ってしま...現役で首都大学東京の法学系と学習院大学の法学科に受かったのですが、迷ってしまいます。

偏差値上では



首都大学東京>学習院大学



であるのは承知していますし、学費面でも首都大の方に分があるのはわかっています。

ですが、併合時に法学系の教授陣が流出した点、就職の面、また立地的に、通学に一時間半かかる点を考えてみますと学習院大学のほうが良いような気がしてきます。

学費を考慮に入れないとすると、どちらがいいのでしょうか?

法曹希望ではありません。首都大(3200人)・学習院大(8000人)。OBの数では学習院に分がある。

でも明治(2万8000人)・早稲田(4万6000人)を考えると、微々たる差。



学習院は偏差値が伸びてきたのは最近で、30代以上のなかでは東京四大学(武蔵・成蹊・成城・学習院)のイメージが強いでしょう。特に就職の面接官が学習院をMARCHレベルで扱ってくれるかは疑問(最近はMARCHGと言う人も稀にいますが)。首都大とMARCHなら悩みますが、学習院となら首都大に進学したほうが賢明でしょうね。確かに、立地は学習院は最高ですし、教授陣のレベルも私大の中ではトップレベル。しかし、首都大を蹴って入るほどの大学かというと疑問を感じる。個人的には首都大進学をオススメする。



最近は大学名より実力重視。どこの大学かではなく、どれだけがんばるかが問題。個人的には、私大に行かないで浮いた分のお金を資格予備校にまわすなり、視野を広げるための旅行費用にするなりしたほうが賢明だと思う。通学時間が長いということは、普段の行動範囲が広いということ。読書するとか、途中下車の旅をするとか、通学時間が長いなら長いなりにいろいろ楽しみ方はあると思う。



どっちがいいとは絶対的には言えないです。

自分の行きたいほうに行くのが一番だと思う。

「感覚は欺かない。判断が欺くのだ」by,ゲーテ筋が通った説明、ありがとうございます。

確かに通学時間は問題ではありませんでした。

結果的に首都大学東京に進学することにします。
posted by おいしいものよん at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日のあまちゃんつぶやき






posted by おいしいものよん at 00:01| Comment(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする